安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック » 羽目板の外壁塗装で押さえておきたいポイント

公開日: |最終更新日時:

羽目板の外壁塗装で押さえておきたいポイント

羽目板の外壁塗装ではどのようなポイントを押さえればよいのでしょうか。このページでは羽目板の特徴やメンテナンス方法を解説します。

外壁塗装における羽目板

羽目板とは、木の板を連続的に貼り付けたタイプの外壁を指します。木材の温かい雰囲気が外壁によく合いますが、素材が直接外気に触れるためメンテナンスが重要になります。

特に乾燥や腐食には弱く、明らかな劣化がみられる場合や最初に外壁塗装を行ってから年数が経過している場合には、早めに外壁塗装を行うことが大切です。

羽目板のメリットデメリット

羽目板は本物の木材を使用するため、断熱と調湿効果に優れています。メンテナンスを続ければ100年間は長持ちするともいわれています。部分的な張替えが可能でメンテナンスがしやすく、かつての日本では羽目板による外壁が多く用いられていました。

羽目板のデメリットは、メンテナンスの間隔が他の外壁よりも短いことにあります。3年〜5年が経過した際に点検を行い、塗装の剥がれている場所に再度外壁塗装を行う必要があります。

羽目板の外壁塗装費用

羽目板の外壁塗装は、一般的な外壁塗装の相場と同程度。塗装の面積や広さ、塗料の種類に応じて料金が異なりますが、一般的に40坪程度の2階建て住宅で70万円〜となります。

羽目板の外壁塗装のタイミング

羽目板の外壁塗装は、3年以上が経過した段階で検討しましょう。木材は雨や風にさらされると劣化が進み、コーディング塗装も徐々に剥がれ落ちていきます。塗り直しの作業をこまめに続ければ、長く美しい状態が保てます。

特に湿度が高く、雨がよく降る地域では羽目板のメンテナンスを欠かさないように注意し、シミやカビなどの木地汚染がみられたときは早めにメンテナンスを行ってください。

羽目板の外壁塗装方法

羽目板の外壁塗装は、通常の外壁塗装と同じく下地処理を施します。古い塗膜を落とし、塗料が付着しやすい状態にする作業です。

下地処理の後は、2回または3回に分けて塗りの作業に入ります。3回の場合、はじめに「下塗り」次に「中塗り」最後に「上塗り」を行って完成です。

羽目板の劣化具合によっては貼り替えが必要になるため、その作業もあわせて行いながら美しい状態に仕上げていきます。

関連ページ

安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト

外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック
外壁塗装の窯業系サイディングで押さえておきたいポイント
外壁塗装の木質系サイディングで押さえておきたいポイント
PC板の外壁塗装で押さえておきたいポイントとは?
外壁塗装の金属サイディングで押さえておきたいポイント
トタンの外壁塗装で押さえておきたいポイント

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング