安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック » ガルバリウム鋼板の外壁塗装で押さえておきたいポイント

公開日: |最終更新日時:

ガルバリウム鋼板の外壁塗装で押さえておきたいポイント

ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛合金のメッキ鋼板のことです。軽量で耐久性が高いという特徴から、外壁材や屋根材として住宅に用いられています。ここではガルバリウム鋼板の外壁塗装において押さえておきたいポイントを紹介します。

ガルバリウム鋼板とは

ガルバリウム鋼板は、アメリカで開発された金属材です。アルミニウムが55%、亜鉛が43.4%、シリコンが1.6%の割合で作られています。多くの建材メーカーで屋根材や外壁材の材料として用いられており、種類も豊富です。

ガルバリウム鋼板のメリット・デメリット

ガルバリウム鋼板には以下のメリット・デメリットがあります。

メリット

大きなメリットは、金属素材でも錆が発生しにくく、耐用年数が長いことです。10~15年に一度を目安に塗装メンテナンスをすることで、さらに長持ちさせられます。

また非常に軽量のため、耐震性にも優れています。

デメリット

ガルバリウム鋼板は表面のメッキが非常に薄く、ちょっとした衝撃で傷がつきやすいです。傷がついた場合、錆が発生しにくいとはいっても傷の部分から錆びていきます。

また最近はガルバリウム鋼板の種類も多くなっていますが、やはり他の外壁材とひかくするとどうしてもデザインのバリエーションが少ないです。デザイン性を重視したいという場合は、ガルバリウム鋼板のデザインに物足りなさを感じるかもしれません。

ガルバリウム鋼板の塗装費用

ガルバリウム鋼板を外壁に使用している場合は、再塗装としてシリコン塗料がおすすめです。シリコン塗装の費用目安は1㎡あたり2,500~3,500円程度です。

他にもフッ素系塗料や遮熱系塗料もガルバリウム鋼板の再塗装に適している塗料とされています。

ガルバリウム鋼板の塗装をするタイミング

塗装のタイミングは、見た目の変化を感じたタイミング、もしくは10~15年ほど経過したタイミングです。

見た目の変化は、日ごろから定期的にチェックしていないと見落としてしまいます。色褪せやチョーキング現象、サビなどをこまめにチェックして、発見した際は塗装を検討しましょう。

ガルバリウム鋼板の塗装方法

ガルバリウム鋼板の塗装には、大きく分けて2つの工程があります。

目荒し作業

ガルバリウム鋼板の表面に塗料が乗りやすくなるように、表面をあえてざらざらに加工します。

再塗装

実際に塗装を行っていきます。下塗り・中塗り・上塗りと3回に分けて塗り重ねることで、より一層塗料が密着して長持ちします。

関連ページ

安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト

外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック
コンクリート打ちっぱなしの壁も塗り替える?
PC板の外壁塗装で押さえておきたいポイントとは?
羽目板の外壁塗装で押さえておきたいポイント
外壁塗装でモルタルを選ぶ際に押さえておきたいポイント
外壁塗装の金属サイディングで押さえておきたいポイント

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング