安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装工事で助成金や補助金は受けられる?

公開日: |更新日:

外壁塗装工事で助成金や補助金は受けられる?

外壁塗装は定期的な施工とまとまった費用が必要です。助成金・補助金がないか気になるのではないでしょうか?しかし、2024年5月時点では、国で設けられた助成金・補助金はありません。各市町村が独自で助成金・補助金を用意しているところもありますが、横浜市では、国と同様に制度はありませんでした。助成金・補助金がなくてもお得に外壁塗装できる方法があります。ここでは、横浜市の助成金情報とお得に外壁塗装工事を依頼する方法をまとめました。

横浜市では外壁塗装に助成金(補助金)は出ない

横浜市で住宅に関する補助金制度を探すと、横浜市役所HPで「省エネ住宅補助金制度」が見つかります。外壁塗装でも利用できるのかが気になるところですが、残念ながら、以下の通り、外壁塗装は対象外です。

「外壁塗装(遮熱、断熱タイプ含む)及び外壁・屋根の葺き替えを含む修理は、本補助事業の対象となりませんのでご注意ください。  補助対象については本事業要綱、要領、及び事業案内ちらしをご確認ください。」

引用元:横浜市役所HP「省エネ住宅補助制度」( https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/jutaku/sien/shoene/event/ecohojo.html

2024年5月調査時点で、横浜市では、外壁塗装に使える助成金・補助金はありません。

横浜市でおすすめの
優良外壁塗装業者を口コミ・評判見る

助成金以外で外壁塗装のコストを抑える方法は?

助成金・補助金が利用できないとなれば、コストが心配になるかもしれません。しかし、助成金や補助金に頼らなくても、工夫次第で外壁塗装費用は抑えられます。外壁塗装は家を守るために大切な工事です。できるだけコストを抑えて、大切な家を守りましょう。火災保険を利用する方法と工事費用自体を抑える方法があるので、それぞれ詳しくお伝えします。

火災保険を活用する

台風や雪などで破損した箇所は、火災保険を適用できる可能性があります。火災保険は住宅に掛ける保険ですが、「火災」という名称から、火事が原因の被害しか利用できないと思っている人も少なくありません。しかし、火災保険は、意外と広範囲の被害に使えます。台風、強風、雪、雹などの自然災害による被害も補償範囲になっていないか確認してみてください。

外壁に限らず、雨どいなど家の周りのものに被害があれば、外壁と合わせて施工費用をまかなうことができます。工事費用の中でも大きなボリュームになるのは足場の組み立てです。足場を作って雨どい修理と外壁塗装を同時に行った場合、保険から出る雨どい修理費用の中に足場の組み立て費用が含まれている可能性が高いです。外壁塗装の工事費用負担が軽減できます。

外壁塗装を終えてしまってから火災保険を適用する修理があったことに気づくともったいないので、火災保険の存在も覚えておきましょう。

塗装工事自体の費用を抑える

火災保険はすべてのケースで活用できるわけではありません。火災保険が使えない場合は、塗装工事自体の費用を抑える工夫をしましょう。施工のタイミングや業者選びを工夫することで、品質はそのままで費用を抑えることができます。お得に外壁塗装工事ができる方法を紹介します。

キャンペーンの利用

キャンペーンが利用できないか確認してみてください。外壁塗装業者のホームページを確認すると、キャンペーン情報が記載されていることがあります。よく見かけるのは「秋のリフォームキャンペーン」「新春キャンペーン」「在庫一掃キャンペーン」などです。キャンペーン中に施工してもらうと、お得に施行してもらえます。見積もり依頼の際に、キャンペーンをやっていないか確認するのもおすすめです。

閑散期を利用

外壁塗装の閑散期は夏と冬。冷暖房を使わない季節、過ごしやすい季節は、外壁塗装を依頼する意欲が高まるため、繫忙期になりやすいです。閑散期は、工事費用が割引してもらえる可能性があります。先ほど紹介したキャンペーンも閑散期に合わせて打ち出していることが多いです。時期を業者にお任せするのもおすすめ。費用が安い時期に施工してもらえないか交渉してみるといいでしょう。

塗装専門店業者に依頼する

依頼する業者は、塗装専門業者がお得です。専門業者以外の業者は、外壁塗装の依頼を受けて、下請けに依頼することが多く、マージンが発生します。直接塗装専門業者に依頼すれば、マージン分の費用が必要ありません。適正価格で施工してもらえます。公式サイトに自社の職人が施工する旨を明記している塗装業者がおすすめです。

助成金が使えなくても外壁塗装の費用は抑えられる

横浜市では、残念ながら外壁塗装に使える助成金・補助金は用意されていません(2024年5月調査時点)。しかし、助成金・補助金が使えなくても、外壁塗装の費用は抑えられます。キャンペーンや閑散期に依頼のタイミングを合わせたり、専門業者に依頼したりといった工夫がおすすめです。急がなくてもいい場合は、時期を見極めて、お得に施行してもらいましょう。

助成金以外で外壁塗装の費用を安く抑えるコツ

住宅借入金等特別控除を利用

「住宅借入金等特別控除」とは、住宅ローンを利用することで税金の控除が受けられる制度です。通称「住宅ローン減税」とも言われています。自宅の購入だけでなく、リフォームにも使えます。控除率は10年間にわたり、住宅ローン残高の1%。ただし、費用は100万円以上である必要があります。要するに、住宅ローンを組んで家を建てたり、リフォームしたりすると、税金が減額される良い制度なんです。

複数の業者から相見積もり

外壁塗装工事を依頼する際、複数の業者から相見積もりを取ることが大切です。業者によって費用に大きな差が出ることもあります。信頼できる業者を見極めるためにも、相見積もりは重要。外壁の調査も必要で、信頼性や相性も見極められます。信頼できる業者を選ぶと、工事の円滑な進行や問題時の対応がスムーズに行えるでしょう。

関連ページ

安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト【横浜編】

依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識
どんな色を塗ればいい?
追加工事や追加費用って必要?
アスベストが使われた外壁は塗装できる?
どのくらいの費用が必要?
外壁塗装の施工方法はどんなものがある?

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

   

優良外壁塗装業者
おすすめを見る

CHECK!

 
横浜のおすすめ
外壁塗装会社