安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック » トタンの外壁塗装で押さえておきたいポイント

公開日: |最終更新日時:

トタンの外壁塗装で押さえておきたいポイント

建物の外壁がトタンの場合、錆などによる劣化を防ぐために定期的なメンテナンスが必要です。ここでは、トタンのメリットとデメリット、外壁塗装の費用や施工のタイミングなどについて解説しています。

トタンとは

トタンとは、錆を防ぐために亜鉛でメッキされた鋼板のことをいいます。1900年代初めに国内で生産されるようになり、以来100年以上に渡って用いられている建材です。

トタンは錆びやすいというイメージがありますが、メンテナンスさえしていれば普通の鋼板よりも錆びにくいとされています。

トタンのメリット・デメリット

トタンのメリットは、軽くて安価なことです。トタンは鋼板を薄く加工して塗装するので、全体的に重量が軽くなります。また、一般的な鋼板も塗料も比較的安価なので、低予算での施工ができます。

トタンのデメリットは、傷や加工跡から錆が広がりやすいという点です。そのため、トタンの外壁を維持するためには定期的なメンテナンスが必要です。また、トタンの外壁は熱を吸収するため、夏場は高温になりやすい面もあります。

トタン外壁の塗装費用

トタン外壁の塗装費用は、一般的に使われているシリコン系塗料の場合で諸費用を含んで1㎡あたりで約3,000円程度です。

足場設置や、洗浄、下地処理、養生などを含めた工事全体としての相場は、30坪程度であれば約80万円~90万円となります。

トタン外壁の塗装費用は、塗料によって異なります。合成樹脂調合ペイントやアクリル樹脂塗料は諸費用を含まない価格は1㎡あたり800~900円と安価ですが、耐用年数が短いというデメリットがあります。耐用年数が比較的長いウレタン樹脂塗料やアクリルシリコン樹脂塗料は、1300~1600円程度となります。

トタン外壁の塗装をするタイミング

トタン外壁の塗装をするタイミングは、一般的に施工から10年です。しかし、風雨にさらされやすいなどの自然環境によっては、10年以内での塗装が必要になります。

施工から10年が経っていなくても、錆が出ていることや表面の塗装がはがれている、色褪せているなどの変化が見られた時点で塗装を行いましょう。

トタン外壁の塗装方法

トタン外壁の塗装方法は、以下の手順で行われます。

  1. 足場設置
  2. 外壁の洗浄
  3. 下地処理・下地調整
  4. 塗料の飛び散り防止のための養生
  5. 下塗り
  6. 中塗り
  7. 上塗り
  8. 足場の解体

下塗りや中塗り、上塗りには乾燥時間が必要になるため1~2日の日数がかかります。全体として塗装には2週間程度の期間がかかると見ておくとよいでしょう。

関連ページ

安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト

外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック
漆喰の外壁塗装で押さえておきたいポイント
PC板の外壁塗装で押さえておきたいポイントとは?
外壁塗装の木質系サイディングで押さえておきたいポイント
外壁塗装の窯業系サイディングで押さえておきたいポイント
外壁塗装でモルタルを選ぶ際に押さえておきたいポイント

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング