安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック » ALCの外壁塗装で押さえておきたいポイント

公開日: |最終更新日時:

ALCの外壁塗装で押さえておきたいポイント

外壁塗装で用いられるALCは、耐熱性・耐火性に優れており軽量である外壁材です。ここではALCの特徴やメリット・デメリット、メンテナンス方法を解説していきます。

ALCとは

ALCは、ケイ酸質・石灰質・アルミニウム粉末を主原料しています。高温高圧にて蒸気養生されて作られている「軽量気泡コンクリートパネル」です。

大きく分けると厚さが75㎜以上の厚型パネルと35㎜以上75㎜未満の薄型パネルの2種類があります。厚型はビルや工場、倉庫の外壁材として用いられ、薄型は一般的な住宅に使用されています。

ALCを選択するメリット

外壁塗装にALCを選択することのメリットは、耐火性・耐熱性に優れているという点です。

また細かい気泡がパネル全体に広がっているため、普通コンクリートの約10倍もの断熱性を発揮し住み心地の良い家づくりにも貢献してくれます。

その他にも、適切なメンテナンスを行えば50年を超える長期使用も可能な点、軽量で構造体への負担も軽くなる点などもALCのメリットです。

ALCを選択するデメリット

ALCのデメリットは、防水性がない点です。水を吸いやすいため、表面に防水対策を行う必要があります。

また仕上げ材やシーリング材の防水性能が低下すると漏水事故につながるため、外壁の定期的なメンテナンスが必要です。

他にも施工の工程が多く施工に時間がかかる点や初期コストが高い点はデメリットです。

ALCのメンテナンス方法

ALCのメンテナンスには3つの方法があります。

シーリング補修

目地のシーリングが割れたり剥がれたりした際、行うべきメンテナンスです。既存のシーリングを一度剥がし、新たなシーリング材を埋め込みます。

塗装

ALCパネルの塗装が割れたり剥がれてきたりした際、行うべきメンテナンスです。こちらは既存の塗装(塗膜)の上から新たに塗装を施します。

張替え

ALCパネルそのものが割れたり破損したりした際、行うべきメンテナンスです。破損したパネルを取り外し、新たなパネルへと交換します。

関連ページ

安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト

外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック
外壁塗装の樹脂系サイディングで押さえておきたいポイント
外壁塗装の木質系サイディングで押さえておきたいポイント
外壁塗装の窯業系サイディングで押さえておきたいポイント
外壁塗装でモルタルを選ぶ際に押さえておきたいポイント
外壁塗装のタイルで押さえておきたいポイント
外壁塗装の金属サイディングで押さえておきたいポイント
コンクリート打ちっぱなしの壁も塗り替える?
漆喰の外壁塗装で押さえておきたいポイント

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング