安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装の施工方法はどんなものがある?

公開日: |最終更新日時:

外壁塗装の施工方法はどんなものがある?

外壁塗装の施工方法の種類はどのようなものがあるのでしょうか?このページでは、外壁塗装を行う際の施工方法について紹介していきます。

横浜で外壁塗装を検討している方はぜひ参考にしてください。

外壁塗装には何を使う?

刷毛を使った工法

刷毛塗りとは、刷毛を使用して手作業で塗ることを指します。

主に、狭い面積や細かいところを塗装する際に使用される工法です。経験や技量に左右される事から、仕上がりの差が出やすい工法と言えます。

また、細かいところの施工が得意なことから、後述するローラー塗りと併用される場合があります。デメリットとしては、塗装に時間がかかる点が挙げられますが、その分丁寧に仕上げることが可能です。

ローラーを使った工法

ローラー塗りとは、ローラーを転がしながら塗装する方法のことを指します。外装の塗り替えでは一般的な塗り方とされており、広い面を一気に塗装できる点が特徴です。毛やスポンジ状のローラーを使用しているため、音が発生しないことや飛散のリスクがなく、近隣との距離が近い場合でも可能な工法となります。

また、塗りが均等でムラが発生しにくいことから、技量に関係なく施工することが可能です。デメリットとしては、デザインが単調になってしまうことや、細かい部分の塗装が苦手といった側面があります。

スプレーガンを使った工法

スプレーガンを使用した塗装の工法は、凸凹した立体感のある塗装が可能です。特徴的な外壁にしたい場合や塗装範囲が広い場合は、スプレーガンを使用した塗り方がおすすめできます。

施工が早く低コストで済むといったメリットがありますが、飛散しやすく音が出ることから、住宅が密集している地域ではやりにくいといったデメリットがあります。

また、このことからスプレーガンを使用した施工ができる職人が限られているといった現状もあります。

スプレーガンにはさまざまな仕上げ方法があり、代表的なものはリシン仕上げ・スタッコ仕上げ・吹付タイル仕上げの3つが挙げられます。

まとめ

このように、外壁塗装にはさまざまな工法が存在します。それぞれの工法について知ることで、自分の家にどんな塗り方が合っているのかを確認することができます。

また、工法によってメリット・デメリットがあることを理解して、工法を選ぶようにしましょう。

そして、業者によって得意としている工法はそれぞれ違います。外壁塗装の業者を選ぶ際には、それぞれの工法を得意とする会社を選ぶようにしましょう。

関連ページ

安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト

依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識
どの会社に頼めばいい?
アスベストが使われた外壁は塗装できる?
どのタイミングでするの?
水性・油性塗料の比較
外壁塗装におけるドローン使用
【コラム】綺麗な外壁を保つには
外壁塗装のパリパリ剥がれと浮きの原因
どのくらいの費用が必要?
もらった見積書のどこを見ればいい?
自分でできるの?

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング