外壁塗装で悪徳業者に騙されないための基礎知識をまとめました

知っておけば騙されない! 悪徳業者の手口

  • 不安を煽って契約させる
  • 塗料を薄める
  • 連絡が取れない

「超」優良な外壁塗装会社ランキング

  • 1位 プロタイムズ総研
  • 2位 オンテックス
  • 3位 イーグル建創
  • 4位 横浜塗装職人
  • 5位 ゆとりフォーム

詳しいランキングはこちら!

外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 外壁と併せてリフォームしたい!お宅の不具合 » 瓦の葺き替え

瓦の葺き替え

外壁塗装と併せて行いたい、瓦の葺き替えのメリットや費用について解説しています。

外壁塗装と一緒に行いたい、屋根の葺き替え

屋根瓦イメージ屋根のリフォームといえば、塗り直しが一般的。でも、ある程度の年数が経ち、屋根の劣化も進んでしまえば、いずれは葺き替えが必要になります。それなら、外壁塗装の際に、一気に葺き替えをしてしまうのも手のひとつです。

外壁塗装と同時に行うメリット:足場代が浮く

屋根の葺き替え工事と外壁塗装を同時に行うことで足場代の節約が可能です。

悪徳でない、まともな会社であれば、屋根の葺き替え工事には必ず足場を組みます。外壁塗装と別々に依頼すると、それぞれの工事で足場の設置・撤去が必要ですが、同時に行うことで資材も時間も節約できるのです。

外壁と同様に屋根も傷むことを考えれば、同時に工事しても損はないでしょう。

どんな屋根に替えるの?

古い家屋は、日本瓦かトタンの屋根、その他の建物はスレート屋根が多く採用されています。

屋根の葺き替え工事で多いパターンは日本瓦や古いスレートから、新しいスレート屋根への葺き替えです。ただし、最近は軽量でサビが出にくいガルバリウム鋼板の人気も高まっています。

ご自身が屋根に求める性能と費用を見比べて、じっくり選びましょう。

屋根の葺き替え時期の目安

屋根は、一般的に以下の年数が寿命の目安と言われています。

  • スレート:15年
  • 日本瓦:25~30年
  • トタン屋根:6~10年

しかし、お家の立地や周辺状況によって寿命が変わってきますので、心配な方は専門業者に相談してみるといいでしょう。

屋根の葺き替えにかかる費用は?

屋根の葺き替えには、100平米でだいたい100~150万円がかかると言われています。決して安いものではありませんが、建物の寿命を延ばすと考えればかえって経済的かもしれません。

100万円前後でできるのは、屋根の上から新しい屋根材をかぶせる「重ねぶき」。スレートやガルバリウムなどの軽い素材を使います。

本格的に屋根を葺き替えるとなると、さらに20~30万円ほど費用が高くなります。下地処理や廃材の処分に費用がかかるので、コストがプラスされるというわけです。

外壁塗装と併せるとそれなりの費用になってしまいますが、可能ならぜひ併せて依頼したい工事です。

東京・横浜エリアの「超」優良な外壁塗装会社はこちら!

自衛のために知っておきたい悪徳業者の手口【外壁塗装編】
厳選!東京・横浜の優良外壁塗装会社
依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識
カラーシミュレーションに役立つ外壁塗り替えの施工事例
外壁と併せてリフォームしたい!お宅の不具合
サイトマップ

PAGE TOP

安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト