安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック » 外壁塗装の窯業系サイディングで押さえておきたいポイント

外壁塗装の窯業系サイディングで押さえておきたいポイント

窯業系サイディングは、現在、最も使用されている外壁材のひとつです。特徴、メリット、デメリット、メンテナンスで気を付けたいポイントなどを解説します。外壁塗装を検討している方は参考にしてください。

窯業系サイディングとは何か

窯業系サイディングは、板状外壁材のひとつです。窯を用いて高温で処理することから窯業系と呼ばれています。作り方は次の通りです。

  1. セメントに繊維質原料と砂・砂利以外の混和剤を加える
  2. 1を成型する
  3. 2を窯で熱や圧力を加えて乾燥させる
  4. 3を所定の寸法にカットする
  5. 4を塗装する

繊維質原料には、曲げや引っ張りに抵抗する力を増す働きがあります。混和剤を加える理由は、軽量化を図るためです。成型するので、さまざまなデザインの外壁材を作れます。これらの点が窯業系サイディングの特徴といえるでしょう。

メリット・デメリットと施工する時の注意点

窯業系サイディングには次のメリットとデメリットがあります。

メリット

窯業系サイディングのメリットとして挙げられるのが、防火性・耐火性に優れることです。ほとんどの製品が耐火等級2級以上の性能を誇ります。軽量化されているので、地震に強い点も見逃せません。さらに、施工が簡単なので工期や費用を削減できるメリットもあります。

デメリット

窯業系サイディングのデメリットは、定期的な再塗装を必要とすることです。塗膜により防水性を維持しているので、塗膜が劣化すると水を吸って反りや腐食などを起こすことがあります。サイディングボードの継ぎ目に使用するコーキングが経年劣化する点にも注意が必要です。痩せやひび割れなどで隙間ができると、建物に雨水が侵入する恐れがあります。施工時はこれらの点に注意が必要です。

窯業系サイディングのメンテナンスで気を付けるポイント

デメリットからわかる通り、窯業系サイディングは定期的なメンテナンスを必要とします。日々のメンテナンスで気を付けたいポイントは次の通りです。

外壁の苔やカビなどの要注意

外壁に苔やカビなどが生えている場合、窯業系サイディングが劣化しているかもしれません。苔やカビなどは水分がないと繁殖しないからです。窯業系サイディングの防水性が落ちている可能性が考えられます。

コーキングの汚れ

サイディングの継ぎ目に充填されているコーキングの汚れにも注意が必要です。汚れている場合は、コーキング剤に含まれている可塑剤が分離している可能性があります。劣化を示すサインなので、コーキングの痩せやひび割れに発展するかもしれません。

粉が手に付着する

外壁を触ると粉が手に付着する場合、外壁の塗装が劣化していると考えられます。防水性能が落ちているので、外壁塗装の検討が必要です。

これらの症状などが現れている場合、外壁の劣化が考えられます。日々のメンテナンスで気づいた方は、専門業者に相談しましょう。

この外壁塗装が向いている人

窯業系サイディングの特徴は、さまざまなパターンやテクスチャーがあることです。タイル・レンガ調、木目調・塗壁調などの外壁があります。選択肢が豊富なので、外壁のデザインにこだわりたい方にお勧めです。

施工しやすく工期が短い点も魅力です。工期の短縮は費用のカットにもつながります。よって、コストを抑えたい方にもお勧めです。

以上の点などに魅力を感じる方は、窯業系サイディングを選ぶと良いでしょう。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング