安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック » 外壁塗装でモルタルを選ぶ際に押さえておきたいポイント

外壁塗装でモルタルを選ぶ際に押さえておきたいポイント

モルタルは、古くから用いられている外壁材のひとつです。具体的に、どのような特徴があるのでしょうか。モルタルの概要とメリット・デメリット、メンテナンスで気を付けたいポイントなどを解説します。外壁塗装を検討している方は参考にしてください。

外壁塗装のモルタルについて

モルタル壁は、1990年代頃までに建てられた一般的な住宅で多く用いられていました。モルタルは、セメントと砂を水で練ったものです。これをラス金網などの上から左官コテで塗って、塗装したものをモルタル壁といいます。魅力的なメリットを持つ外壁材ですが、施工に時間がかかるなどの理由から現在ではあまり見かけなくなっています。

メリット・デメリットと施工する時の注意点

モルタル壁には次のメリットとデメリットがあります。

メリット

最も大きなメリットして挙げられるのが、デザイン性が高いことです。スコッタ壁やリシン壁などさまざまな仕上げ形状があります。また、コテなどを使って自由に模様を描くこともできます。窯業系サイディングのように、継ぎ目ができない点も見逃せません。よって、一体感のある仕上がりとなります。

表面温度が上がりづらい点もメリットとして挙げられます。窯業系サイディングなどに比べ、直射日光に強いといえるでしょう。

デメリット

デメリットは、こまめなメンテナンスを必要とすることです。素材の特性上、ひび割れが発生しやすいとされています。また、塗膜で防水性を保っているので、定期的な外壁塗装も必要です。施工時の工期が長いため、コストがかかる点もデメリットとして挙げられます。モルタル壁に興味がある方は、これらの点に注意しましょう。

モルタルのメンテナンスで気を付けるポイント

モルタル壁は定期的なメンテナンスが必要です。日々のメンテナンスで気を付けたいポイントを紹介します。

ひび割れに注意

モルタルはひび割れが発生しやすいといわれています。ひび割れの原因はさまざまですが、塗膜の経年劣化により発生することもあります。大きなひび割れから雨水が侵入すると、モルタルの剥がれや雨漏りにつながるかもしれません。原因に合わせた適切な対処が必要です。

塗膜の浮きや膨れをチェック

塗膜が浮いている場合も注意が必要です。浮きの原因として、ひび割れから侵入した水分などが考えられます。見た目が悪いだけではなく、モルタルの性能にも悪影響を及ぼします。メンテナンス時に注意したい症状といえるでしょう。

モルタルの変色・退色を確認

モルタルの変色や退色も劣化のサインです。放っておくと、外壁を触ると粉が付くチョーキング現象に発展します。外壁塗装の検討が必要かもしれません。

日々のメンテナンスで以上の症状などを発見した方は、必要に応じて外壁塗装業者に相談しましょう。

この外壁塗装が向いている人

モルタル壁の魅力は、他の外壁材に比べてデザインの自由度が高いことです。さまざまな仕上げ形状が用意されている上、模様を描くこともできます。また、一棟ずつ職人が仕上げるので、同じ仕上げ形状であっても全く同じにはなりません。つまり、世界でひとつだけの家に仕上げられます。こだわり派の方にお勧めです。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング