安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 外壁タイプ別に外壁塗装の注意点や押さえるべきポイントをチェック » 外壁塗装の金属サイディングで押さえておきたいポイント

外壁塗装の金属サイディングで押さえておきたいポイント

金属サイディングは、徐々に増加しつつある外壁材です。具体的に、どのような特徴があるのでしょうか。金属サイディングの概要とメリット・デメリット、メンテナンスで気を付けたいポイントなどを解説します。外壁塗装で金属サイディングを検討している方は参考にしてください。

金属サイディングとは何か

金属サイディングは、成型された金属板と断熱効果のある裏打材により構成される外壁材です。安定した品質と塗装仕上げを必要としない点が特徴です。軽量性・断熱性・防水性などに優れる外壁材といわれています。窯業系サイディングほどではありませんが、デザインの選択肢も豊富です。金属の質感を活かしたメタル調柄からレンガ・タイル柄や石柄・石積み柄、木調柄まであります。注目を集めつつある外壁材といえるでしょう。

メリット・デメリットと施工する時の注意点

金属サイディングには、次のメリットとデメリットがあります。

メリット

最大のメリットは軽量であることです。その重量は、窯業系サイディングの3分の1程度といわれています。よって、金属サイディングの家は耐震性が高くなります。

断熱性の高さも魅力です。断熱性は、窯業サイディングの5倍程度といわれています。よって、光熱費の節約につながります。

防水性の高さも見逃せません。水に強いので凍害の心配がありません。寒冷地であっても安心して利用できます。

デメリット

金属なので塩害には弱いとされています。対策は講じられていますが、まだ万全とはいえません。

錆びにも十分な注意が必要です。何かしらのアクシデントで外壁が傷つくと、サビは進行しやすくなります。また、鉄を守るアルミや亜鉛などのメッキ成分を消費しつくしても、サビは進行しやすくなります。

金属サイディングを検討している方は、これらのデメリットに注意しましょう。

金属サイディングのメンテナンスで気を付けるポイント

金属サイディングも定期的なメンテナンスは必要です。日々のメンテナンスで気を付けたいポイントを紹介します。

カビや苔の発生

金属なのでカビや苔などは生えないと思われがちですが、経年劣化などにより生えることがあります。これらが生えると水分がとどまってしまいます。よって、金属サイディングが錆びやすくなります。劣化のサインとして注意が必要です。

コーキングの汚れ

金属サイディングも窯業系サイディングと同じく継ぎ目部分にコーキングを使用します。コーキングが汚れている場合、劣化が進んでいる可能性があります。コーキングの劣化は建物の防水性を低下させるとともに金属サイディングを錆びやすくします。外からは見えづらいことが多いですが、コーキングの汚れもチェックしたいポイントです。

表面にできた傷

金属サイディングが錆びる原因として多いのが表面にできた傷です。何かしらの原因でできた傷を放っておくと錆びが進行してしまいます。出来るだけ早い対処が必要です。

以上の症状などを見つけた方は、外壁塗装業者に相談するとよいでしょう。

この外壁塗装が向いている人

金属サイディングには、耐震性・断熱性・防水性に優れるなどの特徴があります。耐火性を除けば、窯業系サイディングより性能は高いと考えられます。外壁で住宅の性能を高めたい方などにお勧めです。ただし、錆びに注意が必要など、従来の外壁材とは異なる特徴があります。金属サイディングを選択する方は、特徴をしっかり理解しておきましょう。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング