外壁塗装で悪徳業者に騙されないための基礎知識をまとめました

知っておけば騙されない! 悪徳業者の手口

  • 不安を煽って契約させる
  • 塗料を薄める
  • 連絡が取れない

「超」優良な外壁塗装会社ランキング

  • 1位 プロタイムズ総研
  • 2位 オンテックス
  • 3位 イーグル建創
  • 4位 横浜塗装職人
  • 5位 ゆとりフォーム

詳しいランキングはこちら!

外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 自衛のために知っておきたい悪徳業者の手口【外壁塗装編】 » その2・塗料を薄める

その2・塗料を薄める

塗料を薄めるという、外壁塗装の悪徳業者にありがちな手法から身を守る方法を解説しています。

【外壁塗装】塗料を薄める悪徳業者と契約しないために

塗料のイメージ外壁塗装でよくあるトラブルのひとつが、「薄めた塗料で施工されてしまう」というもの。コストを抑えるために、塗料の使用量を減らして利益を上げようという悪徳業者の手法です。

素人はもちろん、プロが見てもすぐには不正だと分からないことが多いので、この手口で利益を確保している業者も多いのだとか。

なぜ塗料を薄めるの?

既に述べたとおり、薄めて使えば使用する塗料の量が減るので、コストを削減することができます。

それだけでなく、塗料を塗るローラーや刷毛の滑りがよくなります。つまり早く塗れる上に綺麗に仕上がるのです。通常の塗装と見た目は変わらないため、施工が速い優秀な業者にも見えます。

ところが数年経つと、その評価は正反対になります。薄めた塗料で施工した壁は、だいたい1年ももたずに塗装が剥がれたり膨張したり、あるいはヒビ割れやカビの発生などの可能性があります。

外壁塗装用の塗料は、ある程度水やシンナーで薄めてから使います。塗料メーカーは適切な薄め方を規定しているのですが、悪徳業者は必要以上に薄めて使ってしまうのです。

塗料は本来、ヒビやカビ、汚れを防ぐために塗るもの。それが剥がれたりヒビ割れたりするようでは、悪徳業者の仕事だと言わざるを得ません。

実際に起きた被害は?

実際に悪徳業者に施工を依頼してしまったケースでは、こんな被害があります。

  • 塗膜が剥がれてきた
  • 光沢が弱くなってきた
  • すぐに汚れてしまう
  • ヒビが出やすい
  • カビがすぐ生える

10年あるいは20年経てば、塗料が劣化してこのような症状が出ることはあります。しかし、塗料が薄ければこれが1~数年ほどで現れてしまうのです。

適切に塗られていれば本来はもっと長持ちするのですが、数年で症状が出てしまっては大損です。

悪徳業者と契約しないためには?

NO!塗料を薄めるような業者の特徴は、ほかの業者に比べて見積りが極端に安いことが挙げられます。「ほかよりも安くできますよ」と吹聴して契約させ、いざ工事に入ると非常に質の悪い施工をするのが典型的な手口。

こういった業者を選ばないためには、適正な見積りを出していて、しっかりとした実績がある塗装会社を選ぶことが大切。このサイトでは、優良塗装会社を施工力や保証、サービスなどで比較し、ランキング形式で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

信頼できる外壁塗装会社ランキング

東京・横浜エリアの「超」優良な外壁塗装会社はこちら!

自衛のために知っておきたい悪徳業者の手口【外壁塗装編】
厳選!東京・横浜の優良外壁塗装会社
依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識
カラーシミュレーションに役立つ外壁塗り替えの施工事例
外壁と併せてリフォームしたい!お宅の不具合
サイトマップ

PAGE TOP

安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト