安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 自衛のために知っておきたい悪徳業者の手口【外壁塗装編】

自衛のために知っておきたい悪徳業者の手口【外壁塗装編】

外壁塗装の悪徳業者の被害に遭わないために覚えておきたい、自衛のためのポイントを紹介しています。

悪徳業者は絶対拒否!外壁塗装で失敗しないためのコツ

訪問セールスの営業マンに押し切られて、ついつい契約してしまった外壁塗装。それが悪徳業者で、ずさんな工事をしたまま逃げられてしまった…という話は、残念ながら少なくありません。

悪徳業者の手口を知っておくことで防げる被害も多いはず。事前に知識を持っておくことが大切です。そこで、ここでは悪徳業者の代表的な3つの手口を紹介しています。

その1.不安を煽る

「早くやらないと家が壊れますよ」と、不安を煽って契約を急がせる営業マン。「今すぐ」という言葉が危険な理由とは?

その2.塗料を薄める

施工内容におけるトラブルの中でよく聞かれるのが、塗料を薄めて使うずさんな施工。コスト削減のために、必要以上に塗料を薄めて質の低い施工をする悪徳業者への対処法を紹介しています。

その3.連絡が取れない

手抜き工事や不当な価格の施工をした業者は、こちらが気づく前に逃げてしまうことも。クレームを言おうにも電話は繋がらないし、どこに行ってしまったかもわからない…という事態を避けるための方法を紹介します。

悪徳業者に注意!優良5社紹介
横浜の外壁塗装会社ランキング

ポイントを押さえてトラブル回避!外壁塗装でよくある失敗事例

【近隣住民とのトラブルに発展】

このように、外壁塗装をはじめ、新築やリフォームをする場合は近隣住民からクレームが来ることがあります。依頼した業者が「挨拶回りをする」と言っていた場合でも、丸投げしてはいけません。自分からも一言挨拶をしておくのが◎

駐車場の問題、足場の工事、塗料のニオイ、作業員の出入りなど、考えつくトラブルに関しての配慮は、施工前に業者と打ち合わせしておきましょう。

【イメージしていた塗装とまったく違った】

外壁塗装の色選びに失敗してしまったという方がたまにいます。「今までとは違う外壁の色にして気分もリフレッシュ!」なんて思っていても、想定外の仕上がりになってしまうとガッカリしてしまうでしょう。

業者が提示する外壁塗装のサンプルのほとんどは、ブックタイプの小さなものです。外壁は面積が大きいため、サンプルのものよりも明るいイメージになりがち。小さなサンプルを見ただけで依頼してしまうと失敗に繋がります。

対策として、大きめのサンプルを見せてもらうことや、「試し塗り」をして色を確認する方法もあるので、業者へ事前に確認してください。

【予定外の費用が発生することも】

築年数が10年以上経っている住宅はあちこち劣化している可能性があります。一見キレイに見える外壁でも、よくよく見てみるとヒビ割れが起こっていたり、隙間を埋めるシーリング材が傷んでいたりすることも。

外壁塗装のメンテナンスは塗料にもよりますが、10年が目安です。定期的なメンテナンスを怠ってしまうと、外壁の塗装が劣化し下地の劣化に繋がります。そこから雨が侵入し、外壁の内部の劣化に繋がるのです。シーリング材も同様で定期的なメンテナンスが必要となります

メンテナンスの時期をしっかり把握し、早めにお手入れすることが建物を長く美しく保つ秘訣なのです。

悪質業者の魔の手やトラブルから逃れるために

外壁塗装に関しての予備知識がなければ、悪徳業者の手口に引っかかったり失敗事例のような状況になったりします。

外壁塗装にはかなりの費用が必要になるため、後悔するような施工結果になってしまっては意味がありません。失敗しないようにするには、「業者に言われるがままにしない」「営業マンの人柄だけで判断しない」「安いことを理由に依頼しない」など、気をつけることは多々あります。

また「施工を業者任せにしない」「サンプルをしっかり確認する」「定期的なメンテナンスを行なう」ことに気をつけるだけでも失敗する確率をグッと軽減できるのです。

信頼できそうな施工業者をピックアップして、こちらの要望に応えてくれるところを選びましょう。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

悪徳業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング