安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 外壁塗装工事で助成金や補助金は受けられる?

外壁塗装工事で助成金や補助金は受けられる?

自宅の外壁の塗装・補修について業者にお願いする前に、関連する制度について知っておくと良いでしょう。きちんと申請すれば外壁塗装工事も助成金を受けられる可能性がありますよ。ここでは気になるポイントをまとめいますので参考にしてみてください。

外壁塗装工事は助成金・補助金を受けられる?

外壁塗装は高額な工事費用がかかるため、助成金または補助金を受けることができます。自治体によって制度や実際の費用は変わりますが、ここでは横浜を例に紹介します。

横浜市の制度

横浜市は多くの行政サービスを実施しているため、その一種として外壁塗装の補助金も実施しています。補助金の支給には審査が必要ですが、審査をクリアした人が助成金を受け取ることができます。塗装を着工してから申請しても補助金は受けられないので、事前の確認と準備をしておきましょう。

助成金と違い、補助金は公募による先着順や抽選という形式なので、いつでも自由に受けられるものではないという事も認識しておきましょう。

横浜市内でも制度が違う

同じ横浜市でも制度は異なります。

横浜市西部の座間市では、外壁塗装は住宅リフォーム補助制度の一種としておこなわれ、補助金が支払われます。横浜市北西の愛川町も助成金でなく補助金で実施されて、三世代以上が同居するために持ち家を改修する時に支給金額も地域によって変わります。座間市は比較的審査が軽い一方、支給されるのは一律で5万円になります。愛川町は審査の上限が厳しい分、支給される上限が20万円になっています。

助成金を受けるための条件・対象の範囲

横浜市は外壁塗装の補助金が最大で80万円ですが、書類提出や審査の回数の特徴です。

まず、寮と社宅を除いて、ほぼ全ての住宅が対象となります。昭和56年6月以降に建築承認を得たことも条件の一つで、現在の耐震基準に適合した改修工事が施工された住宅に限ります。また、補助対象者は住宅の所有者または区分所有者になります。

自治体によっては、工事前と工事後の写真や住宅の見取り図などが必要となるケースもあるため、申請をする前に住宅の情報は手元にまとめておきましょう。

助成金を受けとる際に必要な条件は他にもあります。

ただ外壁を塗り替えるのではなく、エコリフォームの工事に必要な遮熱塗料または断熱塗料が使われることも要件で、自治体から助成金が支給されるケースが多いです。

工事が終わってから申請しても助成金が貰えない場合もあるので、塗料についても事前に確認しておきましょう。

横浜市で外壁塗装をした後に助成金を支給されるためには、必ずエコリフォームであることを証明する必要があり、事前の協議を忘れてはいけません。使用する塗料が環境に対する負荷が少ないことを証明するべきであり、状況によっては追加で窓の交換などが求められるケースもあります。

横浜市は支給される金額が多いですが、その分だけ条件が厳しいことを忘れてはいけません。

屋根の塗装の場合、火災保険を活用することで工事の費用が無料または一部を負担してもらうことも可能です。火災保険では台風などの影響で屋根または住宅に損害が発生した場合、補修費用が負担してもらえます。

事前に申請するべきもの

助成金と補助金のどちらでも、支給されるには事前の申請が必要です。

はじめに外壁塗装でおこなわれる実際の内容が、支給されるための条件と一致しているかを確認しましょう。助成金と補助金ではそれぞれ条件が変わるため、念入り確認しておくようにしましょう。

横浜市で補償金を受け取る場合は、外壁塗装に関する工事がきちんと対象に含まれるかどうかの事前行儀をおこなった上で、事業計画書を提出します。審査の承認が得られた場合、外壁塗装は補助金対象と認められます。工事の終了後、交付申請書を提出して、認められるのを待ちましょう。承認後に請求書を提出すれば、補償金の対象となります。

横浜市で補償金を受け取る場合、慎重に審査をおこなうので最低でも四回程度、書類提出または相談をおこなう必要があるようです。

基本的に助成金・補助金対応には時間がかかりますが、外壁塗装のお悩み相談をする無料サービスに相談をすれば、迅速な対応ができる業者を見つけることができます。ただし、中には悪質な業者もいるので、。事前にインターネットで口コミを調べましょう。

横浜市と周辺市町村に違いはあるのか

横浜市と横浜の周辺にある市町村では外壁塗装の助成金と補助金の支給を実施しており、実際の金額は場所によって多岐に渡ります。内容と金額は地域によって異なり、横浜市のルールで申請をおこなっても、充分な外壁塗装の助成金が支給されるとは限りません。場所によっての申請手段を把握してから、塗装工事をしてくれる業者も調べてみましょう。

地域と同様に、外壁塗装工事をおこなってくれる業者によっても料金が変わります。自分が利用する物件で外壁塗装の工事をしてもらいたい場合、目的を明確にしましょう。

外壁塗料は屋根と同様に、毎日のように日光や雨風に晒される影響によって、非常に劣化しやすい場所です。放置をしていたら、知らない間に劣化していくことは普通にあります。頻繁なリフォームまではいかなくとも、外壁塗装の素材によっては5年または10年に1度はリフォームをする必要があります。

外壁塗装は放置しては劣化が進み、その分だけリフォームの料金に負担が上乗せされる可能性もあるため、自分の住んでいる地域の支給されるお金と塗装の状態は把握しておくことがおすすめです。

メリットや注意するポイント

助成金と補助金もどちらは返済不要で、外壁塗装が終わった後に後払いで支給されるお金になるので、経済面でお得になることが大きなメリットです。特に横浜市では最大で80万円が助成金・補助金として支給されており、周囲はおろか47都道府県の中でもトップクラスの金額となっています。反面、書類の提出や審査の手間はかかりますし、横浜市との協議は慎重に行うことになるため、時間がかかることが補助金支給のデメリットといえます。

一方で、周辺地域で助成金として支給されることを選べば、支給される金額は減りますが、複雑な審査をおこなう必要がないことがメリットになります。もちろん、助成金と補助金のどちらを選ぶにしても、指定された条件はすべてクリアするべきです。どんなに面倒でも、内容をきちんと把握した上で申請をしましょう。

助成金と補助金の制度と、実際に外壁塗装をしてもらう業者について調べておけば、実際の外壁塗装でトラブルを避けられます。

外壁塗装をおこなう場合、悪徳業者は見抜くことも大事なポイントです。安いからと言って、何も調べずに依頼した業者が悪徳業者だった場合、薄めた塗料を使われてしまい、1年程度で劣化し結局またすぐに塗装しなおしをすることになります。あまりにも安すぎたり、または見積もりが詳細に書かれていない業者がいたら注意が必要です。依頼する前に、相見積もりをする同業他社なども参考にしたり、工事後のアフターフォローについても、把握しておくようにすることが大切です。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング