外壁塗装で悪徳業者に騙されないための基礎知識をまとめました

知っておけば騙されない! 悪徳業者の手口

  • 不安を煽って契約させる
  • 塗料を薄める
  • 連絡が取れない

「超」優良な外壁塗装会社ランキング

  • 1位 プロタイムズ総研
  • 2位 オンテックス
  • 3位 イーグル建創
  • 4位 横浜塗装職人
  • 5位 ゆとりフォーム

詳しいランキングはこちら!

外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » どんな塗料を塗ればいい?

どんな塗料を塗ればいい?

外壁塗装会社がよく使っている塗料の種類を紹介しています。

外壁塗装で使われる塗料の種類まとめ

塗料イメージ外壁塗装の塗料には、一般的に使われるものだけでもかなりの種類があります。ここでは、塗料を素材別に大別し、代表的な5種類について紹介しています。

塗料それぞれの特徴や耐用年数は以下の表にある通りですが、これらはあくまでも適切な量・方法で施工された場合の話です。

塗料を薄めたり必要な手順を省いた場合は、この年数が経つ前に、劣化する可能性があります。

塗料の種類 一般的な
耐用年数
特徴
アクリル系塗料 6~7年 合成樹脂を原料とした塗料。安くて丈夫なので、短いサイクルで塗り替えるのに適しています。
カラーバリエーションも豊富で、コストパフォーマンスは高いと言われています。
ただし水を通しやすく、汚れやすいという欠点があります。
ウレタン系塗料 8~10年 防水・防汚性の高い塗料です。価格や耐久性の面でバランスが取れており、きれいな艶がでるので、ウレタンを選ぶ人もいます。
伸縮性が高く、モルタルやコンクリートにも塗れる万能塗料。ただし防汚性や耐紫外線性能は低め。
シリコン塗料 12~15年 シリコン系合成樹脂を使った塗料。アクリルやウレタンに比べ、長持ちするのが特徴。
価格も出始めの頃よりは落ち着いてきたので、使われることが多くなりました。現在の主流とも言えます。
フッ素塗料 15~20年 品質では最高級を誇るのがフッ素塗料。特徴として長寿命・高対候性・高不燃性が挙げられ、火事の被害を防ぐ効果もあります。
ただし伸縮性に欠けるので、建物にヒビが入ると塗装にもヒビが入ります。また、価格はまだかなり高いのが難点。
光触媒塗料 20~25年 耐久性も防汚性も高い、優れた塗料。雨が降ると汚れが落ちるセルフクリーニング機能があり、長く美しさを保つことができます。

塗料を塗る外壁材もチェック!

では、これらの塗料が塗られる外壁材にはどのようなものがあるでしょうか。

外壁材 特徴
モルタル材 セメントと一緒に練ったモルタル材をコテで塗って乾燥させたもの。コストが安いことも特徴です。
サイディング パネル壁材。窯業系、金属系、木質系といった3種類のものがあります。
コンクリート 砂、砂利、水をセメントで凝固させたもの。一般住居よりもビルやマンションに多く見られます。
ALC 気泡コンクリートをつかったパネル壁材。気泡が入っているので、吸音性や断熱性に優れています。
木質性 木製の壁材。木の質感は人気がありますが、耐火性は当然低くなります。
金属系 表面がスチールやアルミで、裏材に発泡樹脂を使ったもの。加工しやすく、防音・断熱効果が高いと言われています。
漆喰 消石灰を原料として、麻や藁を混ぜて練り上げたもの。古くからある壁材ですが、防火性や吸湿性に優れる天然素材のものとして注目されています。

これらの外壁材の中には、特定の塗料を塗ると逆に劣化してしまうものがあるので、決して素人判断をせず、専門家である外壁塗装会社に最適な塗料を提案してもらいましょう。

東京・横浜エリアの「超」優良な外壁塗装会社はこちら!

自衛のために知っておきたい悪徳業者の手口【外壁塗装編】
厳選!東京・横浜の優良外壁塗装会社
依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識
カラーシミュレーションに役立つ外壁塗り替えの施工事例
外壁と併せてリフォームしたい!お宅の不具合
サイトマップ

PAGE TOP

安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト