安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 水性・油性塗料の比較

水性・油性塗料の比較

外壁塗装や内装で使われる塗料、水性と油性の違いについてみていきましょう。塗装について説明されてもよく分からない。言われるがままに承諾し、施工してもらったら数年後にはボロボロになってしまったという失敗を防ぐため。また、ご自分で塗装をされる方という方も、水性と油性の違いや外壁塗装に向いているのか、内装に使えるのかなども知っておきましょう。メリットやデメリットも加えてご説明致しますので、被害を防げるよう塗料についての知識を身に着けておきましょう。

内装に油性は使えない

内装の塗装であれば、自分で塗ってしまおうという方も多いかもしれません。しかし、塗料であれば何でも使えるというわけではありません。内装に油性の塗料は使えないのです。油性は臭いがキツく、反対に水性は臭いがほとんど無いのが特徴でもあります。臭いが無い水性は内装に使える。といった覚え方もいいかもしれません。

外壁塗料の種類と耐久年数

塗料の中でも、外壁の塗装に使われる材料。耐久年数も合わせて大きくわけて6種類みていきましょう。

塗料名 耐久年数
アクリル系塗料 約4年
ウレタン系塗料 約6年
シリコン系塗料 約13年
フッ素系塗料 約18年
遮熱系塗料 約18年
光触媒塗料 約20年

塗料によってこんなにも耐久年数が変わります。

水性塗料と油性塗料の違い

水性と油性の違いについてみていきましょう。

塗料/特徴 水性塗料 油性塗料
塗料の主成分 有機溶剤(シンナー)
内装への使用 できる できない
保管 特に注意は必要としない 注意が必要
液型タイプ 1液型(そのまま使えます) 1液型、2液型

こうして比較してみると、水性塗料は主成分が水で出来ていて保管の注意もなく、1液でそのまま使えるなど比較的、手軽に使えそうです。

2つのメリットとデメリット

水性塗料と油性塗料のメリットとデメリットについてみていきましょう。

水性塗料

メリット

デメリット

油性塗料

メリット

デメリット

注意したいポイント

塗るものによっても違うので、一概にどれがいいとは言えません。ポイントを知って、合った塗料での塗装がベストです。

油性の2液型は手間とコストが掛かる

1液型は扱いやすく、手間も人件費も安く済むので工事費用が安く済みます。比べて2液型は、主剤と硬化剤を混ぜて使い手間が掛かる他、一度混ぜると6~8時間で使い切らなければいけない、素早く塗装する技も必要とされ使い回しができないコストの部分でも、負担となります。

油性を使う数少ない職人技

手間やコストが掛かる油性の2液型を扱う業者は、どんどん減ってきています。その中でも2液型を使う業者は腕のいい職人がいてこそ油性塗料を扱えるのです。

水性塗料も急成長で大手メーカーが使用

人件費や材料費などを下げたい理由から、水性塗料を使う業者も多いのが現状です。しかし、最近の水性塗料は性能が向上しているので、大手メーカーが主に使っているのも水性塗料なのです。油性塗料とも引けを取らないという声もあります。

安く、優秀であるコスパのいい外壁塗装

油性塗料で外壁塗装をし、耐久性や密着性を重視するのもひとつです。しかし、油性塗料が絶対に良いというわけでもありません。水性塗料の方が安く済む他、水性塗料の性能向上の部分も重視したいところ。横浜で外壁塗装を頼むなら、安く優秀である自分たちの家に合った業者選びが大切です。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

悪徳業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング