外壁塗装で悪徳業者に騙されないための基礎知識をまとめました

知っておけば騙されない! 悪徳業者の手口

  • 不安を煽って契約させる
  • 塗料を薄める
  • 連絡が取れない

「超」優良な外壁塗装会社ランキング

  • 1位 プロタイムズ総研
  • 2位 オンテックス
  • 3位 イーグル建創
  • 4位 横浜塗装職人
  • 5位 ゆとりフォーム

詳しいランキングはこちら!

外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » どのくらいの費用が必要?

どのくらいの費用が必要?

外壁塗装にかかる費用はどれくらいなのか、相場の値段を解説します。

外壁の塗り替えにかかる費用の相場はどれくらい?

費用のイメージ外壁塗装の施工会社を探している人の多くは、工事にかかる費用はどれくらいなのか、見積りが高いのか安いのか、イマイチ判断しづらいのではないでしょうか。

判断の基準を知るには、外壁の塗り替え費用の相場を知るのがいちばん。一般的にはどれくらいの費用がかかるのか、ご紹介していきましょう。

塗装工事の内訳

おおまかに考えると、材料費(40%)+施工費(30%)+営業経費(30%)といったところでしょうか。その内、施工費は以下のような項目で構成されています。

  • 外壁の面積
    ※面積が広いほど費用がかかる
  • 木部・鉄部の傷み方
  • 外壁の種類
    ※塗料の吸い込み方によって必要な塗料の量が大きく変わる
  • 痛みの修復
  • 塗装前の洗浄、下地処理
  • 養生、足場

費用相場は?

では、具体的な金額はどのくらいになるのか、目安となる塗料の費用を見ていきましょう。ここでは、床面積60~100平米ほどの2階建ての一軒家を例にとってみます。

  • アクリル系塗料:60~110万円
  • ウレタン系塗料:75~125万円
  • シリコン系塗料:85~140万円
  • フッ素塗料:150~250万円

それぞれの塗料は寿命も異なるので、どれがコストパフォーマンスに優れているか、よく考えて決めましょう。

また、足場代はおおむね1平米当たり600円~1200円ほど、下地処理の高圧洗浄は1平米あたり150円~400円くらいが目安です。見積りではこのあたりも確認するとよいでしょう。

悪徳業者の見積り、ここに注意!

悪徳業者のイメージ外壁塗装の悪徳業者は、この相場よりもかなり安い価格を提示してくることがあります。

では、なぜそんなに安い価格が実現できるのでしょうか?安い工事には、それなりの理由があります。

足場の費用が見積りに入っていない

足場の費用が入らなければ、費用はかなり安くなりますよね。ところが、悪徳業者の場合は後から足場代を請求するという手口を使います。

あるいは、足場を使わず、ロープで吊って作業をする場合もあります。足場を組まず、不安定な状態ではまともな施工ができるはずがありません。施工がずさんになるのは言うまでもありません。

水性塗料でコストを抑えてる

塗料に水性のものを使ってコストを下げている可能性があります。

水性塗料が悪いわけではないのですが、耐久性には劣ります。ところが、業者からすれば、塗料代は安く、施工しやすいのでメリットが多いのです。しかし長持ちしないので、結局短期間でまた塗り替えをしなければならないのです。

価格を分解して表示する

「外壁塗装25坪で50万円!」なんて広告が郵便受けに入っていることがあります。しかし、これは落とし穴。

まず、この料金は足場代が含まれていないのは確実。ということは、平屋の25坪の家、足場無しでの施工でこの価格だという可能性が高くなります。

広告には2階建ての家の写真が載せてありますが、2階建てでこの価格とはどこにも書いてありません。実際には足場代やほかにも必要な費用が上乗せされて、結局安くならないことも。

極端に安い施工費用を提示してくる場合は、必ず理由があることに注意しなければいけませんね。

東京・横浜エリアの「超」優良な外壁塗装会社はこちら!

自衛のために知っておきたい悪徳業者の手口【外壁塗装編】
厳選!東京・横浜の優良外壁塗装会社
依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識
カラーシミュレーションに役立つ外壁塗り替えの施工事例
外壁と併せてリフォームしたい!お宅の不具合
サイトマップ

PAGE TOP

安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト