安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » どのくらいの費用が必要?

どのくらいの費用が必要?

安さだけで外壁塗装業者を選ぼうとしていませんか?お金だけに気を取られると、失敗してしまうかもしれません。ここでは外壁の塗り替えにかかる費用はどれくらいなのか解説します。

外壁の塗り替えにかかる費用の相場はどれくらい?

外壁塗装の施工会社を探している人の多くは、工事にかかる費用はどれくらいなのか、見積りが高いのか安いのか、イマイチ判断しづらいのではないでしょうか。

判断の基準を知るには、外壁の塗り替え費用の相場を知るのが1番。一般的にはどれくらいの費用がかかるのか、ご紹介していきましょう。

費用相場は?

塗料

使用する塗料によって、外壁塗装の費用は変わります。ここでは床面積60~100平米ほどの2階建ての一軒家を例に、具体的な金額はどのくらいになるのか見ていきましょう。

それぞれの塗料は費用に伴い効果が持続する期間も異なります。最も安いアクリル系塗料だと6~7年と10年未満ですが、フッ素の場合は20~25年と長期間に。予算と照らし合わせながら、希望の塗料を見つけましょう。

その他にチェックすべき費用

塗装工事の内訳

おおまかに考えると、材料費(40%)+施工費(30%)+営業経費(30%)が塗装工事の内訳。その内、30%を占める施工費は以下のような項目で構成されています。

悪徳業者の見積り、ここに注意!

外壁塗装の悪徳業者は、相場よりもかなり安い価格を提示してくることがあります。だからこそ、業者に相談する前に「適切な価格」かどうかを判断するために相場を知っておく必要があるのです。悪徳業者はなぜ安い価格が実現できるのでしょうか?実はあくまで安く見せているだけで、実際には安くありません。費用のカラクリをここでご紹介します。

【足場の費用が見積りに入っていない】

足場の費用が入らなければ、費用はかなり安くなりますよね。悪徳業者の場合は後から足場代を請求するという手口を使います。

あるいは足場を使わず、ロープで吊って作業をする場合も。足場を組まずに不安定な状態で行う場合、まともな施工ができるはずもありません。施工がずさんになり、クオリティーの低い施工になります。

【水性塗料でコストを抑えてる】

塗料に水性のものを使ってコストを下げている可能性があります。

水性塗料が悪いわけではないのですが、耐久性が劣る場合も。ところが業者からすれば、塗料代は安く施工しやすいのでメリットが多い塗料です。長持ちしないので、結局短期間でまた塗り替えをしなければならなりません。自分の家を塗装する場合、避けたい塗料のひとつだと言えます。

【価格を分けて表示する】

「外壁塗装25坪で50万円!」なんて広告が郵便受けに入っていることがあります。しかし、これは落とし穴。

この料金では足場代が含まれていないのは確実でしょう。つまり平屋の25坪の家、足場無しでの施工でこの価格だという可能性が高くなります。

広告には2階建ての家の写真が載せてあるかもしれませんが、2階建てでこの価格とはどこにも書いてありません。実際には足場代やほかにも必要な費用が上乗せされて、結局安くならないことも。

極端に安い施工費用を提示してくる場合は、必ず理由があることに注意しなければいけませんね。

外壁塗装の悪徳業者を
見抜く方法とは?

優良塗装会社=適切な費用で施工

人は安さに惹かれやすいものですが、安物買いの銭失いにならないために「極端に安すぎない」業者を選ぶのが最善の策です。

ここでは、数ある東京や横浜の塗装業者の中から、実績や保証制度、口コミでの評価など、さまざまな点で比較した優良業者を紹介します。ダマされたくない、信頼できる業者と出会いたい人は必見です。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

悪徳業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング