外壁塗装で悪徳業者に騙されないための基礎知識をまとめました

知っておけば騙されない! 悪徳業者の手口

  • 不安を煽って契約させる
  • 塗料を薄める
  • 連絡が取れない

「超」優良な外壁塗装会社ランキング

  • 1位 プロタイムズ総研
  • 2位 オンテックス
  • 3位 イーグル建創
  • 4位 横浜塗装職人
  • 5位 ゆとりフォーム

詳しいランキングはこちら!

外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 作業の流れは?

作業の流れは?

外壁塗装の流れについて解説します。

外壁塗装の作業の流れをチェック!

外壁塗装の依頼や見積書の確認をするときに、施工の流れを知っておけば打ち合わせなどがスムーズに進められます。また、作業内容についての質問もしやすくなります。

1.足場を組む 2.養生シートを設置
 足場 養生
塗装作業をするために不可欠な、足場を組むのが一番最初の作業。家屋の形や設置場所に合わせて、いろいろな種類の足場を使い分けていきます。 足場を組み終えたら、周囲にネットやシートをかけていきます。これは塗料が近隣家屋に飛ばないためと、建物の防犯という狙いがあります。
 
内部が見えるネットを使ったり、防犯センサーライトを導入する塗装会社も最近では増えています。
3.高圧洗浄 4.補修/下地処理・調整
 洗浄 補修
塗料を塗る前に、壁をきれいに洗浄していきます。
 
高圧洗浄機を使って、汚れやカビ、コケを徹底的に流します。これによって、塗料の密着度が高まり、仕上がりがよくなります。高圧洗浄でも落ちない汚れについては、薬品を使うこともあります。
ひび割れなどがある場合は、塗料を塗る前にコーキングで補修をします。また、腐蝕した木部を補修して、再発を防止することも。これらを「下地処理」といいます。
 
また、塗装した後の耐久性を上げるために、サビを落としたり古い塗料の残りを処理したりするものを「下地調整」と呼びます。
5.塗装(下塗り・中塗り・上塗り)
下塗り中塗り上塗り
通常、塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回に分けて行われます。
  • 下塗り
    上塗り塗料が剥がれないための接着剤のような役割を果たします。これを丁寧にやることで、上塗りがムラなく綺麗に仕上がります。下地の状態がよければ薄膜のものを、悪ければ厚膜タイプのものを縫っていきます。
  • 中塗り
    塗装に厚みをつけるためのもの。上塗りと同じ塗料を使うことが多いです。塗料にはメーカーの指定する厚さの指定があり、塗料が性能を発揮するためには規定の厚みが必要なのです。
  • 上塗り
    塗装の仕上げとなります。中塗りと合わせて、2回塗りをしていると考えればよいでしょう。仕上げの美しさに関わるので、特に最新の注意を払って作業が進められます。
    上塗り後は養生を剥がして仕上がりをチェックし、塗料がはみ出した部分や垂れた部分を手直しします。

6.確認作業・引き渡し

仕上がったら、きちんと施工できているかどうか確認をします。少しでも不満がある場合は、なあなあにせず、必ず業者に確認をしましょう。あとで後悔しないためには大切なことです。チェックが済めば、足場を解体して作業完了です。

東京・横浜エリアの「超」優良な外壁塗装会社はこちら!

自衛のために知っておきたい悪徳業者の手口【外壁塗装編】
厳選!東京・横浜の優良外壁塗装会社
依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識
カラーシミュレーションに役立つ外壁塗り替えの施工事例
外壁と併せてリフォームしたい!お宅の不具合
サイトマップ

PAGE TOP

安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト