安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » もらった見積書のどこを見ればいい?

もらった見積書のどこを見ればいい?

ここでは、外壁の塗り替え工事を依頼する際に見積もり書のどこを読めばいいのかを解説。記載されていたらすぐに確認すべき危険ワードも紹介します。

【外壁の塗り替え】見積もり書はここを読むべし!

見積もり書をもらったら、どんなところに注目したらいいのでしょうか。足場や養生、あるいは高圧洗浄や補修など、塗装の前の段階の下地処理はいくつかの工程があります。これらを「下地処理一式」などと簡略化して見積りを出している業者は避けるべきです!その理由や必ずチェックしたいポイントを紹介します。

足場・シート養生

まず大切なのが、仮設工事における足場とシート養生の設置費用。通常は平米あたりの価格×施工面積が記載されています。

時折「足場サービス」として足場の費用を無料にしているケースも。しかし足場は設置や解体にも人件費がかかるもので、無料にしている場合は過剰なサービスの可能性もあるためクオリティーに不安が残ります。

高圧洗浄

塗料の密着をよくするために、高圧洗浄機を使って壁の汚れを落とします。

こちらも平米あたりの価格×施工面積で表示されますが、面積が小さいときは「一式」とされることも。塗装にかかる費用の中では100~300円/平方メートルと安い方なので高額に設定する業者は少ないようですが、疑問があればすぐに確認しましょう。

補修

サイディングのシーリングなどは、施工面積や「一式」などが記載されています。「一式」が使われることも多いのですが、疑問があれば必ず確認しましょう。

塗装

特に注目したいのはここ。「一式」や「アクリル塗料●平米」といった記述の見積もりには要注意。悪徳業者はここで安く見せます。

塗料の種類、メーカーはもちろんのこと、下塗り、中塗り、上塗りと、それぞれの工程について詳細が書いている塗装会社がおすすめです。

諸経費

作業過程で発生する廃棄物の処分費用や、事故に備える保険、交通費、事務費、通信費などが含まれます。

中には「安全対策費」「現場管理費」など、何の費用なのかわからないものも。ここで余計なコストをかけられている可能性もあるので、しっかり確認をしましょう。

保証もチェック!

外壁塗装の工事では、一定期間の保証がついています。できれば見積もり書に保証期間を明記してもらうとよいでしょう。

細かいことでも、口約束は危険!あとで保証サービスを証明できるものがなく、泣き寝入りすることになりかねません。

また不安を感じる業者に依頼するのではなく、実績豊富で口コミで見積書を発行して費用・使用量を提示してくれる企業を選ぶのが◎。ここでは、東京や横浜の信頼できる優良塗装会社を紹介します。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

悪徳業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング