安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » もらった見積書のどこを見ればいい?

もらった見積書のどこを見ればいい?

見積書が必要な理由について

見積書を見ると、金額ばかりに目が向かうでしょう。しかし、金額以上に実際の仕上がり具合が大事となるため、値段ばかりに気を取られてはいけません。

また、塗料の種類や足場代についてもきちんとチェックして、その金額が妥当であるかも考えてください。塗料は種類によって特性や耐久年数が変わるため、値段だけで判断するのはやめましょう。

外壁塗装は非常に難しい作業であるため、どうしても業者に依頼することになります。自分の家を守ってくれる業者がどんな作業をしているのかを知るためにも、見積書が必要になる理由です。

見積書で必要な項目は

まずは外壁塗装を依頼するために必要な見積書の必要な項目について把握しておきましょう。

外壁塗装は家の守るという重大な役目があります。そのため外壁との一部または全体の塗装と、どうしても大掛かりな作業になってしまい、道具もそろえる必要がありますし、費用も高くなってしまいます。お金を無駄にせず、家を守るためにも依頼する際には、ていねいに作業をおこなってくれる業者を慎重に選ばなければいけません。

外壁塗装を依頼する際、どうしても見積書を目に通すことにもなるため、まずは詳しい見方について把握しておきましょう。

見るべきポイント

見積書は家の外壁塗装にかかった費用についての内訳・詳細について書かれているため、どうしても情報量が多くなります。そこで、まずは最低限確認するべきポイントについて把握してみましょう。

見積書の基本として、塗装する面積と塗料の単価が適切であるかを確認すること大事です。この二つを必要以上に大きくする業者である場合、悪徳業者である可能性があるため、警戒しておきましょう。

一般的な2階建て住宅の場合、200㎡の相場は80~150万円が相場です。場所によって変動しますが、一般的な相場価格を知っておくことで不当な請求をされにくくなります。

耐久年数によっても価格が変わる

塗料は料だけでなく、種類によっても適正価格が変わります。耐久年数が低いアクリルやウレタンは相場価格が低くなり、反対にフッ素や無機などの質が高く年数も長い塗料は相場価格も高くなります。

もちろん、メーカによって価格が変わり、更に断熱性や防カビ性などの付加価値が持っていれば高額になります。塗料の価格を見る場合、メーカーについても把握することがオススメです。

また、塗装は一度塗ればそれで終わりではなく、耐久年数を考えた上で塗り替える時期も考える必要があります。耐久年数が短ければ、その分だけ塗り替える機会が増えてしまうため、節約のつもりが逆に費用がかかります。家は一生の生活空間であると捉え、上質な塗料でおこなってくれる業者を選びましょう。

自分で適切な塗料の量を計算してみよう

塗料の適正価格を判断する上で、塗料の量をきちんと見積もられているかが重要です。

メーカーが指定する仕様書には塗布量についても書かれており、それを元に面積から重さを計算して、必要な塗料の量を算出してみましょう。また、塗料だけでなく足場代や飛散防止ネットの金額も計算してください。

大まかな費用を計算しておけば、業者が出す見積書に書かれた料金が適切であるかを判断する材料にもなります。

安易なサービスに乗ってはいけない

業者から足場代が無料にされると言われた場合、依頼者の立場からすれば非常に魅力的に見えるでしょう。しかし、足場の組み立ては国家資格が必要となるほどに難しいため、無料にすることはまずない、と言える工程です。

塗装業者は自社で足場を組まないで、専門業者に依頼するケースもあります。もしも塗装業者から組み立て代を無料にすると言われた場合、その費用が別の塗装または施工代に加算されている可能性が高く、注意が必要です。

外壁塗装は非常に難しく専門的な作業であるため、どうしても費用がかかります。費用を削減するということは、どこか別の必要な費用を削っている場合もあり、後々不具合の原因に繋がってしまいます。安易に経費削減を考えず、信頼できる業者に依頼することを第一に考えるのも大切なポイントです。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング