安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » もらった見積書のどこを見ればいい?

もらった見積書のどこを見ればいい?

見積書が必要な理由について

見積書を見ると、金額ばかりに目が向かうでしょう。しかし、金額以上に実際の仕上がり具合が大事となるため、値段ばかりに気を取られてはいけません。

また、塗料の種類や足場代についてもきちんとチェックして、その金額が妥当であるかも考えてください。塗料は種類によって特性や耐久年数が変わるため、値段だけで判断するのはやめましょう。

外壁塗装は非常に難しい作業であるため、どうしても業者に依頼することになります。自分の家を守ってくれる業者がどんな作業をしているのかを知るためにも、見積書が必要になる理由です。

見積書で必要な項目は

まずは外壁塗装を依頼するために必要な見積書の必要な項目について把握しておきましょう。

外壁塗装は家の守るという重大な役目があります。そのため外壁との一部または全体の塗装と、どうしても大掛かりな作業になってしまい、道具もそろえる必要がありますし、費用も高くなってしまいます。お金を無駄にせず、家を守るためにも依頼する際には、ていねいに作業をおこなってくれる業者を慎重に選ばなければいけません。

外壁塗装を依頼する際、どうしても見積書を目に通すことにもなるため、まずは詳しい見方について把握しておきましょう。

見るべきポイント

見積書は家の外壁塗装にかかった費用についての内訳・詳細について書かれているため、どうしても情報量が多くなります。そこで、まずは最低限確認するべきポイントについて把握してみましょう。

見積書の基本として、塗装する面積と塗料の単価が適切であるかを確認すること大事です。この二つを必要以上に大きくする業者である場合、悪徳業者である可能性があるため、警戒しておきましょう。

一般的な2階建て住宅の場合、200㎡の相場は80~150万円が相場です。場所によって変動しますが、一般的な相場価格を知っておくことで不当な請求をされにくくなります。

耐久年数によっても価格が変わる

塗料は料だけでなく、種類によっても適正価格が変わります。耐久年数が低いアクリルやウレタンは相場価格が低くなり、反対にフッ素や無機などの質が高く年数も長い塗料は相場価格も高くなります。

もちろん、メーカによって価格が変わり、更に断熱性や防カビ性などの付加価値が持っていれば高額になります。塗料の価格を見る場合、メーカーについても把握することがオススメです。

また、塗装は一度塗ればそれで終わりではなく、耐久年数を考えた上で塗り替える時期も考える必要があります。耐久年数が短ければ、その分だけ塗り替える機会が増えてしまうため、節約のつもりが逆に費用がかかります。家は一生の生活空間であると捉え、上質な塗料でおこなってくれる業者を選びましょう。

自分で適切な塗料の量を計算してみよう

塗料の適正価格を判断する上で、塗料の量をきちんと見積もられているかが重要です。

メーカーが指定する仕様書には塗布量についても書かれており、それを元に面積から重さを計算して、必要な塗料の量を算出してみましょう。また、塗料だけでなく足場代や飛散防止ネットの金額も計算してください。

大まかな費用を計算しておけば、業者が出す見積書に書かれた料金が適切であるかを判断する材料にもなります。

安易なサービスに乗ってはいけない

業者から足場代が無料にされると言われた場合、依頼者の立場からすれば非常に魅力的に見えるでしょう。しかし、足場の組み立ては国家資格が必要となるほどに難しいため、無料にすることはまずない、と言える工程です。

塗装業者は自社で足場を組まないで、専門業者に依頼するケースもあります。もしも塗装業者から組み立て代を無料にすると言われた場合、その費用が別の塗装または施工代に加算されている可能性が高く、注意が必要です。

外壁塗装は非常に難しく専門的な作業であるため、どうしても費用がかかります。費用を削減するということは、どこか別の必要な費用を削っている場合もあり、後々不具合の原因に繋がってしまいます。安易に経費削減を考えず、信頼できる業者に依頼することを第一に考えるのも大切なポイントです。

良い見積もり・悪い見積もり

良い見積もりと悪い見積もりを見分ける方法についても把握することが大事です。

見積書に提示される料金の根拠を把握しておけば、悪徳業者に騙される心配も減らせます。悪徳業者に出会わないためには、利用者側も見積書に関する知識を身に着けていくことが大事です。

曖昧な書き方になっていないか注意する

内容が一式にまとめられている見積書を出された場合、その業者は悪徳業者である可能性が高いです。

外壁及び屋根塗装をおこなう際、塗装の面積や種類をはじめとして、あらゆる材料や工数にかかった費用を詳しく表記する必要があります。しかし、それらの値段が一式にまとめられている場合、不当に値段を上乗せされている可能性が考えられます。

見積書は詳しく書くことが基本と考えて、曖昧な書き方をする見積書には注意しておきましょう。

不当な値引きには気を付けて

値引きの価格が見積書に載ってあった場合も注意する必要があります。

サービスをおこなう業者は数多いため、値引きが悪いとは一概に言い切れません。しかし、10万円を超える値引きがあった場合、契約に持ち込むための巧妙な手段と警戒し、もう一度見直しや確認をおこなってください。また、最初に大幅な値引きを提案されても、一般的な相場と比較すると高いというケースも忘れてはいけません。

見せかけのサービスに騙されたりせず、きちんと相場を把握した上で塗装を依頼することが大事です。

塗装の工程についてもきちんと把握する

見積書の内容がていねいに書かれていたら、優良業者であると考えていいでしょう。しかし、必要な工程が一つでも省かれていた場合、不当に価格が上乗せされている可能性を疑った方良いでしょう。

塗装工事は3回塗りが基本になっていますが、外壁塗装などとまとめられてしまっている場合、塗りの回数や塗料の種類を把握することはできません。

近年では理想的な見積書の見本や外壁塗装の工程についてもネットや書籍で調べることができるため、依頼する前にきちんとチェックしてみることが大事です。

不明箇所はきちんと確認する

見積もり価格が適正化を判断するために、見積書だけでなく住宅診断の内容や保証プランの根拠についても業者から尋ねる必要があります。

正式な資格を持ったプロである外装劣化診断士による診断が行われ、また30分以上の診断をかけて、なおかつ高い場所や屋根裏などの見えにくい部分の劣化状況も確認してくれる業者こそが信頼できます。

住まいの診断は短時間で終わるものではないため、念入りな診断をしてくれる業者が大事です。

複数の業者に見積書を作ってもらう

どうしても判断が難しい場合、いくつかの業者に見積書を作ってもらうことも考えましょう。見積書を見比べて、何故その値段が必要になったのかを業者に質問して、見比べてみることが大事です。

金額だけでなく、見積書の内容について具体的に書かれていれば信頼できます。もちろん、自分が用意できる予算やスケジュールも考慮した上で、無理のない範囲で業者を選びましょう。

見積書は作成が難しいため、値段の根拠を判断するのは専門家でなければ難しいです。判断が難しい場合、複数の業者に見積書の作成を依頼することも検討してみましょう。

悪徳業者に騙されないために

外壁塗装は決して安くないため、そこをつけ込んで不当に利益を得ようとする悪徳業者は少なくありません。もちろん、顧客の気持ちに寄り添った優良業者も多くいます。

しかし、外壁塗装の知識を持たなければ、業者の質を判断することは難しいでしょう。そこで、悪徳業者に騙されないために必要なポイントを押さえておくとリスクを抑えられますよ。

塗装は家を守る大事な盾であり、一生レベルで考えていくべきものです。悪徳業者と契約したら一生規模で損害を与えられるリスクもあるため、慎重な契約が必要です。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

優良業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング