安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » どの会社に頼めばいい?

どの会社に頼めばいい?

悪徳業者に引っかからないために、ここでは外壁塗装会社を選ぶ際のポイントを解説しています。このサイトでは東京・横浜の優良塗装業者も紹介しているので、あわせてチェックしてください。

外壁塗装の会社を選ぶなら確認したい、5つのポイント

外壁塗装会社は、世の中に無数にあります。その中から一社を選ぶためには、どのようなポイントで選べばよいのでしょうか。

優良な会社を見抜くには、いくつかのポイントがあります。ここではそれぞれのポイントごとにまとめました。

実作業者・現場監督者の質

自社で施工・管理していても、現場とプランナーとの間でコミュニケーションが取れていなければトラブルの原因となります。また、下請けや孫受けを利用する業者でも、施主と請負会社、職人との間でコミュニケーション不足によるトラブル、技術の低い施工などの問題が起きる可能性がアップ。総合的に見て見積や提案も現場の作業も信頼性がある会社を選ばなければなりません。

根拠のない安売りをしない

施工費は安いに越したことはありませんが、理由のよくわからない割引や安売りは危険だと思った方がいいでしょう。非常に安い値段で下請けに工事を依頼している可能性が。コストをかけるべき部分を抜いたり、いい加減な対応をしたりと、高い品質を望めなくなります。

見積書が詳細に記述されている

見積書の内訳が詳しく関われている業者を選びましょう。

「シリコン中塗り/〇〇平米/●●●円」と、平米で計算されているものには注意が必要。塗料がどのくらい使われていて、施工費はどれくらいなのか、というところまで書いてくれるのが良心的な塗装会社です。

塗料のメーカーや商品名が書かれていれば、なお良いでしょう。

請負契約書が交わされている

工事の契約では、口約束は絶対NG!契約書がない状態では拘束力がないので、トラブルに繋がる可能性が高くなります。最悪のケースでは、「施工費用を払ったのに、業者と連絡がつかなくなって一切施工してくれない」というトラブルに繋がる可能性も。悪徳業者にダマされないためにも、請負契約書を発行できるか確認を取り、必ず作成してもらいましょう。

3度塗りをしてくれる

作業工程を確認する上で、塗りが何回あるかをチェックしましょう。

優良塗装会社のスタンダードは、下塗り、中塗り、上塗りの3回。2回で済ますような業者は利用者の利益を考えずに、かけるべきコストを削減する業者なので、避けた方がいいでしょう。

ポイントを満たした業者を見つけるには?

これらのポイントを満たした優良塗装会社を見つけるのは、そう簡単ではありません。そこで、このサイトでは優良な会社をピックアップしてそれぞれ紹介しています。ぜひそちらも参考にしてみてください。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

悪徳業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング