安ければいいの?外壁塗装の悪徳業者見極めサイト » 依頼する前に知っておきたい外壁塗装の基礎知識 » 追加工事や追加費用って必要?

追加工事や追加費用って必要?

外壁塗装で追加工事や追加費用が発生するケースは少ないと考えてください。横浜の業者でも、悪徳な会社があります。ケースややり口は様々ですが、追加工事や追加費用を押し付けてくるトラブル。普段住んでいる家のことでも、詳しいことを知らないのは当然です。

追加工事が必要だと言われ、納得せざる終えない状況になったり、追加費用を請求され言われるがまま払ってしまったという事も。では実際に追加が必要なケースとはどんなときなのか解説いたします。

珍しいケース、工事内容の変更

基本的には外壁塗装の追加工事や、追加費用が発生するということはありません。どの業者も見積もりを出すときには、外壁調査をして見積額を算出しているので、追加というのは基本的にはないのです。しかし、調査通りに工事が進むのは「絶対」とは言えません。予想外なことが起きていたりすれば、施工方法も変わってきます。

そんな時には、追加工事というよりも工事内容の変更ということになります。またパックになっている業者もあります。外壁塗装の際にいっしょに見付かることが多い工事がパックになっているので、追加の心配がありません。

パック例

外壁塗装 足場代
屋根塗装 高圧洗浄
付帯塗装 養生

例ではありますが、パックで多い内容です。こちらが全てセットになっているので、外壁塗装の際に見付かる様々な欠陥をいっしょに直し、追加費用がかからないというもの。しかし、業者によってはグレードの低い塗料を使ったりするところもあります。

手抜き工事になると、すぐに塗り替えになってしまいますので、その場限りの安さで後に考えたら高額になっていたなんてこともあります。信用できる業者選びが肝心です。

工事内容の変更はどういったものがあるのか

事前に調査をし、見積もりを出しているのに工事の内容を変更しなければいけなくなるパターンとはどういうケースが考えられるのか、解説していきます。

外壁をめくってみて分かる場合

外壁塗装は表面的に行われる工事ですが、外壁をめくるケースもあります。そんな工事の場合には、調査の段階で目で見るだけでは分からないことが、外壁の裏で起きていることもあります。例えば、外壁をめくってみたら結露の影響でカビだらけだった。という場合です。外壁の内側を気にせず放置することはできませんので、こういった場合は工事内容の変更となります。

雨漏りも原因が想定外だった場合

事前の見積もり前に、雨漏りについても調査はしますが実際に工事が始まって足場を組んでみると、想定外のところから雨漏りしているという場合もあります。雨漏りは外壁塗装だけでどうにかなるものではありませんので、雨漏りの修繕工事も含めた工事内容の変更となります。

塗料が密着していない場合

以前塗った塗料が、壁に密着していないというケースです。こちらも事前の調査で診断できます。浮いている部分は以前の塗料を剥がして、下地の調整が必要なので工事費用が高くなります。この工事費は足場を組んでみないと、どのくらいの面積が浮いているのか分からないので、しっかりとした見積もりが出ません。

こういう場合、だいたいの業者は数十%の面積が密着していないとして計算し、工事完了後に清算する形になります。

不当な追加を迫られないためには…

自分たちが住む家ですが、詳しいことは分かりません。外壁のことも、プロにしか分からない部分です。では不当な追加工事や追加請求をする悪徳業者と信用できる業者を選ぶには。きちんとした説明を受けることです。

今回紹介した「工事内容の変更はどういったものがあるのか」について、見積もり段階でしっかりと説明してくれる業者であれば、プロであり不当な追加はないと言えるでしょう。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

悪徳業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング