安ければいいの?外壁塗装の優良業者見極めサイト

外壁塗装悪徳業者
見抜く方法とは?

このサイトでは、外壁塗装の悪徳業者を見極め、優良な塗装会社を見つけるための情報をまとめています。
外壁塗装の業界では、わざと心配させるようことを言って、強引に契約し
ようとする悪徳業者とのトラブルが後を絶ちません。そんな被害に遭わな
いために、ぜひ外壁塗装に関する知識を身に付けてください。

男性

まずは悪徳業者の
手口をろう!

数ある外壁塗装を依頼できる会社の中には、残念ながら悪徳業者も存在します。安く費用を抑えたいからと言って、業者選びに失敗すると後になって後悔することも。そのため、悪徳業者を見抜くためには、まず彼らの手口を知ることが大切です。代表的なのはこの3つの手口。

その1 その1

不安を煽って
契約させる

訪問販売の悪徳業者に特に多いのが「お宅の外壁は今すぐ工事が必要です!」と不安にさせて、その場で契約させるというもの。不安を煽るような言葉を言われると、人は冷静な判断をしにくくなります。
ほかの業者と比較されたくないこともあり、「今日、契約すれば3割引!」などの無茶な値引きをしてくる煽り方にも要注意。それだけ大きな割引は施工の質を落としているか、最初に出された見積もりが元々高額だったかのどちらかです。いずれにしても不安を煽る業者や契約を急かす業者は危険。その日の内の契約はしないようにしてください。

悪徳業者に騙されないために

悪徳業者は人間の心理の隙を狙い、巧妙な話術で契約を煽ってきます。騙されないためには、第一にすぐその場で契約をしないこと。すぐに契約しなくても手遅れになることはありませんし、少し時間をおけば冷静な判断ができます。
さまざまな業者からじっくり検討し、信頼できるところを選びましょう。特に「アフターフォローが手厚い」「適正料金で成功をしてくれる」といった業者と契約をすることが重要です。

advice advice
その2 その2

塗料を薄める

悪徳業者の中でも、特に激安施工を謳う業者に多い手口。メーカーの規定よりも薄めた塗料を使うことで、施工期間を短くしてコストを抑えているのです。
コストが抑えられるだけでなく、塗料を塗るローラーの滑りがよくなるので、早く綺麗に塗ることができます。一見すると仕事ができる業者に見えるでしょう。
しかし1~2年もすれば、綺麗に仕上がって見えた塗装が剥がれたり崩れたりしてしまいます。最悪の場合、カビが発生してしまうことも。
あまりにも安すぎる見積もりや、詳細な内訳を記載していない見積もりを出してくる業者には注意が必要です。

悪徳業者と契約しないためには?

薄めた塗料を塗ってしまうと、耐久性が段違いで落ちます。しかし塗った時点で見た目に違いはなく、素人はほぼ気付かないでしょう。悪徳業者を見極めるポイントとして、ほかの業者に比べて見積もりがはるかに安いこと。仮に安いという理由で契約しても薄めの塗料を使われると、すぐにボロが出てしまい、逆に修繕費用が高くつく可能性があります。騙されないためにも、ほかの業者からの見積もりをしてもらい適正価格を知ることが大事です。

advice advice
その3 その3

連絡が取れない

施工後に保証の話をしようと業者に連絡しても音信不通。外壁塗装に限らず、リフォーム業界全体の問題となっています。施工箇所に何の問題も無ければ良いのですが、施主から連絡するのは多くの場合、不具合があった時。
連絡が取れなければ、保証もサポートも受けられません。保証してもらえなければ、自費でトラブルを解決する必要があります。
営業担当者の名刺に携帯電話の番号しか書いてない場合は要注意。可能であれば会社所在地まで行って、本当に会社があるのか確認することをおすすめします。

安くて怪しい業者には依頼しない!

怪しい業者に騙されないためには、契約する前に「会社の住所を確認」「電話をかける」「インターネットで調べる」など行うことが大切。調べても情報が見つからない、若しくは薄い場合、実際は事業を行っていない幽霊企業かもしれません。
優良な会社を見定める際は、「費用が安すぎず適正か」「アフターフォローがしっかりしているか」などを基準にしましょう。

advice advice

そのほかよくある
悪徳業者の注意点

  • 小さな業者が
    オリジナル塗料を売ってくる

    オリジナル塗料を販売する業者が存在しますが、ほとんどが悪徳業者です。彼らは口々にして「一般的に売られている塗料よりも優れている」と根拠もなくアピールしてきます。実際は、ラベルを張り直しただけというケースや既存の塗料を、水で薄めただけのケースがあるのだとか。高品質のオリジナル塗料を開発することは簡単ではありません。塗料は大手のメーカーが、莫大なコストをかけて長年研究を重ねて出来上がるものだと考えておきましょう。

  • 足場工事0円と
    謳っている業者

    外壁塗装工事は高所作業になるので、足場が必ず必要になります。中には、足場費用を0円としている業者がありますが、見積もりの中に上乗せしていることがほとんど。足場費用をサービスしているのではなく、見積書のどこかに隠して表示しているだけなのです。一見得をしているように見せかけていますが、実は明確な金額を隠されているだけ。騙されないためには、見積もりを出してもらった時に細かい金額を説明してくれる業者かチェックしましょう。金額について不明点がなくなるまで徹底的に質問してください。

悪徳業者
利用してしまった人の体験談

  • アフターフォローがきちんと受けられなかった

    外壁塗装をお願いする前に、2社に見積もりを依頼しました。ペンキの色も業者によって違いましたし、値段にもかなり差があるんですね。私が依頼した業者はカタログと実際の色に差があり、1年点検はありませんでした。近所の方が依頼した業者は1年点検があったみたいで、私はなんだか損した気分…。
    普通は1年点検が付いていると聞くので、悪徳業者に引っかかったのかもしれません。
    今思うと2社だけでなく、もっといろんなところに見積もりを出しておけば良かったなと後悔しています。近所の方は3社以上に見積もりを出していたみたいなので…。

  • 知り合いに騙された

    数年前、自宅のマンションの外壁にひび割れが起こったので、塗装することにしました。選んだ業者は知り合いのとこ。ほかの業者に見積もりをせず、そのままお願いすることにしたのです。しかしこれが悪夢の始まりでした。1年経ったある日、塗装がほとんど剥がれていたのです。すぐに工事をしてくれた知り合いに連絡すると「1年も経過すると劣化するんだ」「俺はやるべきことをやった」などと言われてしまいました。知り合いだからという理由で見積もりや保証の確認をおろそかにしたことで、騙されるという結果に。ちゃんとした業者に頼むべきでした。

  • 業者選びを吟味することが大切だと痛感

    鉄筋コンクリートのクリーム色の外壁に汚れが目立っていたので、思い切って業者に塗装してもらうことにしたのです。色は同じくクリーム色。値段は100万円ほどかかりましたが、塗装後の仕上がりは綺麗で大満足でした。しかし半年もしないうちに、色がくすみどんどん汚くなっていったのです。「せっかく大金を払って塗装したのに…」とがっかりしました。
    数年後、結局別の業者にお願いして塗り直してもらうことに。同じく100万円ほどかかりました。しかし2回目は大成功。何年も経ちますが、全然汚れていません。業者選びにもっと時間をかけていれば、失敗することはなかったとつくづく反省しています。

外壁塗装成功カギは
塗装会社選びにあり!

ここで挙げた以外にも、悪徳業者はさまざまな手口で施主を騙そうとします。こういった業者の被害に遭わないための手段は、第一に「慎重な業者選び」です。
決して勢いで選ばず、できるだけ多くの業者を比較することが大切。
では、どんな基準で業者を選べば良いのでしょうか。ここでは優良業者を見極めるポイントを5つご紹介。また、東京・横浜周辺を施工エリアとしている優良塗装会社を、施工技術や口コミ評判などで比較し、ランキング形式でまとめています。
大切なお金やお家を悪徳業者から守るためにも、ぜひ参考にしてください。

優良業者を見極める
5つのポイント

数多くある外壁塗装会社の中から、優良の会社を見抜くには5つのポイントが存在します。この5つのポイントを覚えたうえで、外壁塗装を依頼する会社を選ぶようにすると失敗しなくて済みますよ。さっそくチェックしていきましょう。

  • 自社で施工管理

    自社で施工管理をしていることでこちらの要望も伝えやすく、コミュニケーション不足によるトラブルはほぼ解消できます。

  • 根拠のない
    安売りをしない

    根拠がよくわからない割引や安売りは、非常に安い値段で下請けに工事を依頼している可能性があります。注意が必要です。

  • 見積書が詳細に
    記述されている

    塗料がどのくらい使われていて、施工費はどれくらいなのかというところまで細かく書いている業者は信頼度◎。平米と金額のみの見積書には気をつけてください。

  • 請負契約書が
    交わされている

    施工の約束を口頭で済ませるのは絶対にNGです!請負契約書が交わせる会社を選びましょう。請負契約書を発行しない業者は、信頼には値しません。

  • 3度塗りをしっかりと
    してくれる

    通常の外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの3回行われます。作業工程を確認するうえで、塗りは何回あるのかをしっかりチェックしましょう。

横浜の優良外壁塗装会社
【東京・神奈川近郊対応】

外壁は常に雨風や紫外線にさらされ、時が経つごとにどうしても劣化してしまうもの。建築から10年ほどで塗り替えが必要だと言われています。外壁塗装を頼むならやはり地元の地形や気候を知り尽くした会社や、近隣の会社が一番です。
こちらでは、東京・神奈川(横浜市ほか)で外壁塗装してくれる会社を16社ピックアップしました!悪徳業者の手口や、優良な外壁塗装会社の見極め方を踏まえて、ぜひご検討ください。

依頼する前に知っておきたい
~外壁塗装の基礎知識~

外壁の剥がれやヒビ割れが気になった時、すぐに塗装業者に相談するのではなく塗装に関する基礎知識を事前に調べておくのがおすすめです。外壁塗装のメリットや費用、知識がない状態では単語の1つひとつが何を指すのかわからない見積書について知っておけば、悪徳業者の罠に引っかかるリスクを最小限に抑えられるはず。同時に、利用者の利益を重視してくれる優良塗装会社の見つけ方もわかります。ここでは今から会社を選ぶ初心者の人にもわかるよう、外壁塗装の基礎知識をまとめました。

塗料にこだわりたい人必見!
メーカー別・塗料徹底解説

外壁塗装でとくに重要な「塗料」。性能を重視するか、コストを重視するかで何を選ぶかも変わってきます。
また、これまではアクリルやウレタンの塗料が中心だったものの、最近ではシリコンやフッ素、ラジカルなどの塗料が注目を集めているのです。いろんな種類が出れば出るほど目移りしてしまいますが、塗料を選ぶうえで何よりも重視してほしいのは「居住地域の環境に合った塗料かどうか」。
高額ならどんな外壁にも適用できることはありません。その地域に合った塗料であることを前提に選ぶのがおすすめです。
こちらでは、日本で有数の塗料メーカーについてまとめています。

  • 日本ペイント

    日本ペイントは、住宅用塗料や大型構造物、自動車の補修用塗料などを提供している塗料メーカー。表面処理から塗料、塗装ラインまで一貫して提供しているのが特徴です。

  • エスケー化研

    塗料の種類を豊富に揃えているエスケー化研。価格を相場よりもリーズナブルに設定している日本トップクラスのメーカーです。

  • 関西ペイント

    日本3大塗料メーカーの関西ペイント。塗料業界において国内トップクラスの売り上げを誇っており、建築用から工業用まで幅広い塗料を開発しています。

カラーシミュレーションに
役立つ外壁塗り替えの施工事例

外壁塗装をするうえで何よりも楽しみなのが色選びですよね。迷った時にカラーサンプルを眺めるのも良いですが、建物に塗るとどんな仕上がりになるかは、実際に塗ったところを見なければわかりません。
塗った後のイメージ写真が見てみたい方のために、こちらでは実際の施工事例を紹介します。同系色に塗装した場合と色合いを変えた場合の2パターン用意しています。色選びの参考にぜひお役立てください!

外壁と併せて
リフォームしたい!
お宅の不具合

家のリフォームを考えるのは外壁以外にも、屋根の塗装や瓦の葺き替え、雨漏り修理などがあります。外壁塗装は足場を組んで屋根の近くまで塗装をすることがあり、屋根まわりのリフォームも併せてお願いすると足場代が浮いて費用が安くなることも!
そのため、業者選びはできるだけ家の不具合に幅広く対応できるところを選ぶのが◎。何かあった時にすぐ依頼できるのも嬉しいポイントです。

サイトマップ

信頼できる会社に
依頼しよう

悪徳業者
見極め方

詳しく見る

優良外壁塗装会社
選び方ランキング

CHECK!

外壁塗装会社
ランキング